激しく議論したのは神戸

安倍総理は10日、衆議院予算委員会で自民党総裁演説で「悪夢のような民主党政権」と述べたことについて、元憲法民主党副首相である岡田勝也氏と激しく議論した。神戸

「出会いは、少なくともバラ色の民主党ではないので、神戸はそう思う」と彼はオカダに言った、そして彼は彼の発言の撤回を呼びかけ、そして撤退を拒否した。

神戸でスタートアップ企業と協力し地域課題を解決するプロジェクトが始動

民主党代表、副首相、外相などの上級職を歴任した岡田氏は、「相手方は首席で否定され、議論は成立するのか」と回答した。それは悪夢ではなかったが、名前を民主党に変えた

イメージが悪いと思う神戸がたくさんいます。 「彼はまた、民主党政権と比較して経済政策の成果を強調し、「批判するのは面白いことではない」と指摘した。

岡田氏は、「私はそれが小さな首相だと思いました」と考えた後に辞任を拒否した首相を批判した。彼は言った、「通常、予算審議を行っているときは、私は言いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です