正当な理由がある神戸

神戸の母には意味がありませんでした、
目が合ったからといって殴られた、
もともと私は私の母が好きではなかった、
ある日、私は神戸の母親を世界で一番嫌いな母親にしました。

正当な理由があります。

ある日、長男は3歳で、双子は4ヶ月でした。
夜11時の寝具で
おかんが語る神戸

双子の兄弟(三男)は牛乳を吐き出しました、
私の呼吸は止まりました。

私は夫を育て、救急車を要求しました。

神戸は26歳です。
私は看護師免許を持っていません
医療イロハさえ知らない普通の主婦。
対処方法さえ知りませんでした。
↑私は看護会社に通ったので40歳です。

救急車を呼んでくれ
「私は救急車に乗っています、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です