私にいつか紹介する神戸

和歌山みずみ
「ラシャと神戸」
紹介する。

“すべての神戸に尽くされた心に、

私には全く雨がありません。

下を見下ろして一つずつ降りてきて、

いつか心が落ち着いている

神戸で美味しい牡蠣フライを食べよう

落ち着く。

あなたが怠け者であっても

神戸心して怠惰になることが重要です。 ”

静かに降る雨を見て、雨の音を聞いて、
“私は自信を持って怠惰になることができます。”

私は救済の気持ちを癒す詩だと思う。

私もそう感じた。
私は童話を童話にしていました。

私の父は、雨が好きではない子供のために雨具を購入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です