神戸ではわずかな刺激に反応した

誰もここにはいません。教室の外でも人の兆候はなかった。

ミキは、神戸の乳房の硬く尖った部分を指先でもう一度撫でた。

三木の身体は敏感な部分へのわずかな刺激に反応した。
神戸の目の乳首は起立し、セーラー服、ブラジャーでさえ見えるほどに敏感になった。

神戸で高級感溢れるフレンチを食べよう

周りを慎重に見ながら、三木は親指と中指で硬く尖った乳頭を選び、刺激した。

私の唇から一息が漏れ、電気が私の体に走った。

神戸を漏らさないように唇を噛んでいる間、ミキは指先を動かし、乳首を刺激し続けました。
私は指先をゆっくりと優しく強く動かし、私は喜んで飲みました。

「っっっ」指の動きに合わせて押し出された快楽の波に、祖父の腰が前にずらされ、細い脚がしっかりと伸びた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です