官能的な小説を作ったのは神戸

朝の悲しみからの悲しみと悲しみの悲しみのわら
ミちゃん待って(神戸
私は官能的な小説を作った。

主人公は三木です(^ O ^)どうして神戸がどうですか?

ショナルパ(神戸)

午後6時
三木は会社祭の準備を終え、教室に戻った。
誰もいない静かな教室で、三木は座席に移動して鞄を持ってきました。
私が顔を上げたとき、私は私の前の座席、聡の座席、私の三木の愛を見ることができました。

神戸さんの周りを見て、そこに誰もいないことを確認して、私は聡の席の前の机に触れた。

デスク私のお気に入りの寿司が使用され、それは自分のために素敵なようだ、私の指先で私の机を撫でる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です