神戸で平和について考えていた

神戸は自分が知っている英語の単語を整理し、適切に答えました。そして、持っていた映画のリーフレットを見せました。

パウロはまた何かを言っています。
神戸が聞いた唯一の言葉は平和です。あなたは平和について考えていたと言いましたか?

私が見た映画は佐藤誠監督の「エドワード・サイードOUT OFPEACE」(2006年)。

サイードはパレスチナ系アメリカ人です。
彼はコロンビア大学で英語と比較文学の教授として長い間働いており、それ以来、いくつかの有名なアイビーリーグの神戸で教えてきました。

一方、彼はパレスチナ問題について積極的に話し、イスラエルの自由主義者から信頼されていました。 200367歳。白血病で亡くなりました。

映画を見た翌日から、ポールは私に親切に話しかけてくれました。いつもそこにいて通訳のいる日本人を捕まえました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です