神戸に戻ることを考えている

神戸のホテルに行って気分を変えたり、遊園地に行ったりするたびに、一生懸命遊んで、家に帰る頃には外着で寝ていました。

ある日、精神疾患があると言われ、また税関に戻ることを考えていると言われました。

神戸に乗って他の人の頬を見ると、世話をして他の人の頬を見ると、精神病がどれほど痛いのかわからないと言った。

後日食べない顔の介護者になったと言われた神戸はとても嬉しかったし、自分の言葉で他人の人生を変えることができたし、何より彼が嬉しかったです生き生きとした笑顔で話しました。

ある日、女性が今日は会いたくないと言ったのですが、その日は近くの本屋で3時間ブラウジングして時間をつぶしていましたが、予想通り、あなたはまだ近くにいますか?あなたは私に会いたいと言った、私はいつもの居酒屋に行き、状況を聞かずに彼を笑わせようとしたが、彼は笑わなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です