やりたいことのほとんどが神戸でできる

神戸監督がやりたいことのほとんどができるとは思いません。

個人的には、タニシゲ監督の最低限の問題

神戸の後継者を育てられなかったのは残念だ。

野村さんがヤクルトスワローズの館長になって
古田キャッチャーを育てるように

谷重監督に木下キャッチャーを育てて欲しかった。

木下捕手は古田さんと似た背景があります
あなたはそう思うかもしれません。

神戸監督はこんな感じではないと思います

いつか新しい世界で活躍してほしいです。

それまではゆっくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です