神戸では私は泣いても許してくれます

…そして、兄は私の肩を抱きしめました
「人は神戸の両親が死んだときだけ人前で泣きます。」
私が言われた

私はそれを保った、神戸

どんなにいらいらする、悲惨な、悲しい、孤独であっても…

だからおかんの神戸で泣いても許してくれます。

結婚時に戸籍の写しをもらったとき、弟の住所は東京だったので、当時横浜に住んでいた大観に見に行ってもらい……
もうやったみたい

会いたくなかった

会えたら君に会いたい。 ..

…たぶん頭がツルツルかハゲ。

結局のところ、私の父の家族とオカンの家族はす​​べてハゲです
私が最後に会ったとき、兄は痩せていました(27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です