神戸には何があってもいたと思います

なんとなく永遠に

神戸を握る

シンプルなスイングで

ばかげてもかまわない

あなたは何を言っていますか

神戸の強い口を聞いた

何があっても

神戸はその立場にいたと思います。

多くの言葉で

多分それは浮気でした。

言葉にならない想い

どういうわけか非常に純粋

それは一種の貴重なものです

言葉で言えば壊れそうです。

きっと無味無臭

色は透明ですが

ときどき柔らかな光を出す

二度と見えない。

重要であることは間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です