神戸をさまよう旅はできなかった

その神戸をさまよう旅は、私の価値観をゼロから打ち砕いた

当時の日本は金の死者でいっぱいの経済成長の金の兆候を推進

神戸できなかった

それでも、独立した会社を設立することは生活に不可欠です

独立した資金を生み出すために昼夜を問わず働いた

神戸、16社が事業を開始しています(現在12社が存在し、4社が破産しています)
あらゆる企業を退職しましたが、数年前にアドバイザーまたは社外取締役として関与していました

それらの一部は、資本金が1億人を超え、数百人の従業員を抱える中規模企業に成長しました。

起業家は人的資源の有用性を利用せずに生き残ることはできません

特に女性の使用は最初から強調されてきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です