神戸の懐かしい昭和の時代に生きていた

そう考えながら、大阪に向かいました。
「神戸」ミラ…離婚なし♪
*
懐かしい昭和の時代、
「良い妻の賢い母」という言葉
生きていた
「神戸は仕事であり、女性は家族です」など。「不正行為は男性の鎧です」
木のぬくもりが心地よい神戸のカフェ「ゆげ焙煎所」

言葉遣いも聞きました。

意外とje(-o-;)
日本では、彼女は「賢い妻の良い母親」です。私は学んだ…私はそれを知っていた。
《神戸ジェンワイフチーグッドリャンマザームー》

日本語の表現と日本語の単語…「現在の状況に適しているのはどれですか?」
私は非常によく思う(Aタイプのため)
「賢い妻と良い母」は正しいと思います。

それは「良い妻」を強制するからです
日本では、離婚が劇的に増加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です