神戸を彼女は歩き始めました

神戸、それがてんかん発作であることを最初は知りませんでしたが、私はそれを注意深く見ていました。

しばらくすると、痙攣はおさまり、彼女は歩き始めました、そして神戸は食卓の足を叩き、それから再び歩き始め、そしてリビングの隅にぶつかりました。

その間、私は恐ろしい声で歌っていました。

神戸の有名パン屋が手がけるカフェ

私が大会社に通っていたとき、私は会社から帰る途中で神戸の中で大きな犬を見ましたが、その大きな犬は彼女の足を絞って小さな震え声で叫びました。
具体的に比べるとこんな叫びです。

ゾーイは、半年後、そして一年後に合計3回発作を起こしました。

*

私は「ゾーイ」の叫びで目が覚めた。

あの恐怖が怖い声が聞こえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です